| HOME | 商品サービス | お問い合わせ | 資料請求コーナー | お支払い方法 | 会社概要 | アクセス |


あなたの1時間セミナーを小冊子にすると

優良顧客が集まってくる

800点の制作実績/さまざまな業種に対応しています。

●集客用小冊子・ビジネス書完成までの流れ


●小冊子(本)の設計

*小冊子づくりは何からスタートするの?

集客用小冊子づくりは初めてなので、何から手をつけてよいのかわかりません。

まずは、章立て設計から始めましょう。

第1章 ○○○○○   第2章 ○○○○○  第3章○○○○と、各章のタイトル案を考えて『章立て案』を設計しましょう。

章立て設計が完了すると、それぞれの章の中の小見出し案を考えて、『目次案』を完成させましょう。本文の執筆は目次案を完成させてからスタートです。

弊社では【魅力的な目次づくり】無料メール講座を配信しています。

お申し込みはこちら

*集客用小冊子にも『章立て法則』があるのですか?

ハリウッド映画にはお決まりの構成法則があると聞いています。

集客用小冊子もお決まりの章立て法則があるのですか?

はい、あります。詳しくはここでは述べませんが、読者を動かす『魔法の章立て』という集客用小冊子の設計法則があります。

詳しく学びたい方は、弊社の小冊子『小さなナンバーワンを小冊子でつくれ!』を資料請求してお読みになってください。

資料請求はこちら

小冊子のテーマで悩んでいます

集客用小冊子のタイトル・内容で悩んでいます。アドバイスをお願いします。

多くの方からこの相談をいただきます。私共はいつも、次のようにアドバイスしています。

1.今、あなたがお客様に一番お届けしたい「1時間セミナー」のタイトル・内容は何ですか?その1時間セミナーの内容を集客用小冊子に綴りましょう。

2.もしも、『お客様に一番お届けしたい1時間セミナー』が2つあるのなら、
その2つを1冊の小冊子(本)にまとめるのではく、2つの小冊子(本)にすることをお勧めします。
2つを1冊にすると『2時間セミナー』になってしまい、受講者(読者)の負担が大きくなりすぎます。

●小冊子(本)の設計

集客用小冊子は平均すると何ページですか?

集客用小冊子/営業用小冊子というものをつくってみたいのですが、これらの小冊子は何ページぐらいですか?

ページ数が少ないもので30ページ。多いものですと150ページ以上で書店に並ぶ表紙カバー付きのビジネス書のようなものもあります。平均すると60~80ページです。

集客用小冊子は何冊ぐらい印刷するの?

小冊子の印刷冊数で迷っています。他の人は何冊ぐらい印刷していますか?

10年ぐらい前は、なるべくたくさん印刷した方がコスト的に割安だったので一度に1000冊、2000冊つくるお客様も少なくありませんでした。

しかし、今ではオンデマンド印刷の普及によって小ロットの冊子印刷代もかなり安くなりました。現在の集客用小冊子の平均的な印刷冊数は、300~500冊です。少ない方で100冊。多い方で2000~5000冊です。

書店に並ぶビジネス書の仕様にしたい

書店で売られているビジネス書のような立派な装丁にしたいと思います。可能でしょうか?

もちろん、可能です。

使用する用紙の選定から、表紙カバーのデザインや本文のレイアウトについてもお客様と意見交換しながら装丁企画を進めていきます。

増刷は初版印刷よりも安くなる?

増刷のときは初版印刷よりも安くなるのですか?

はい、安くなります。

印刷冊数によって安くなる割合が変わってくるのですが、ざっと2~3割ほど安くなるとお考えください。

※香川県外のお客様も『ゆうぱっく』でのお届けとなります。

 


お電話の方は TEL087-891-0170 (月~金 8:30~17:30)
Eメールの方は info@artinsatsu.com まで
様々な条件の印刷物に対応しますので、まずはお気軽にご相談ください。
★私どもは香川県三木町のアート印刷株式会社です。地元の皆様が気軽に相談できる『街の印刷屋さん』を目指しています。
※香川県以外のお客様も、お電話・Eメール・宅配便を使って対応させていただきます。    

— ◆ — ◆ — ◆ —

ご質問・お見積り依頼・資料請求などはこちらからお問い合わせください

TEL : 087-891-0170

【受付:平日9時〜18時】

メールでのお問い合わせはこちらから

info@artinsatsu.com

【24時間受付】


— ◆ — ◆ — ◆ —

| HOME | 商品サービス | お問い合わせ | 資料請求コーナー | お支払い方法 | 会社概要 | アクセス |